家日記

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. とりあえず(04/14)
  3. 君を・・・(04/13)
  4. 負けるもんかっ(04/12)
  5. 長く続けること(03/29)
  6. 水道水・子どもと猫と(03/27)
  7. お庭のお花たち(03/25)
  8. いろいろまとめ(03/23)
  9. ハチドリのひとしずく (03/20)
  10. そうなんだね(03/19)
  11. (03/16)
前のページ 次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

とりあえず

2011.04.14(13:35)
消される前にアップしておきます








君を・・・

2011.04.13(21:36)
「恐れを知らぬ 自惚れた人は 宇宙の力を 悪魔に変えた」



浜田省吾さんの「僕と彼女と週末に」を
ミスチルの桜井さんがカバーしています



歌詞が今の日本の現状そのもののような気がします
30年も前に作られた曲ですが。。。
浜田省吾さん『僕と彼女と週末に』の歌詞

歌詞中の「君」は彼女を指すのではなく、「子ども」
タイトルの「週末」は「終末」のダブルネーミングと考えられているようです









うちは普段からあんまりテレビは付けないのですが
今回の原発関連のニュースに関してだけ言うと
テレビより何より情報が早かったのは2ちゃんでした
映像が子供に与える衝撃も多いと思い、毎日ほぼつけてません
ネットで事足りるって感じです



実際の放射性物質数値をモニタリングして、政府の発表前に「原発に何かあったようだ」と
いち早く書き込みされていたり



福島原発の深刻度レベルが7に認定されましたが
これもだいぶ前の段階から、もうすでにレベル7くらいだと
ネットでは指摘されてましたね
(ネットと言うより海外から。。。)



私個人で言うと、
放射性物質観測網をのせてくださっている
山根一郎さんのブログ
http://blog.goo.ne.jp/yamanei
には大変お世話になりました
ありがとうございます



「放射性物質・放射線に関する基本的事項について」 
東京都市大学環境情報学部教授 環境総合研究所所長 青山貞一さん
(2011年4月10日)
http://eritokyo.jp/independent/aoyama-fnp044..html



最後にhttp://bit.ly/i4eVNl
ジャーナリストの木下黄太さんの
「石巻の避難所で救援活動にあたっている医師からの警告」
転記しますね
↓    ↓    ↓
(2011-04-12)

石巻の湊地区でおきている事を、ある医師からメールで伺いました。
ここでおきていることと、福島第一原発についておきていることは、今の社会の、国の根幹に底が通じることだと思いました。
まず小野沢医師のメールをお読み下さい。
ほぼ原文のままです。
この後小野沢先生に取材もしています。

============================

石巻にて、怒りと悲しみを込めて

亀田総合病院 小野沢です。
先月29日から石巻に入っています。
4月6日、遊楽館という避難所で当直をしていました。

ある男性が、苦しそうだと言われ、診察をしました。
すでに呼吸停止、共同偏視があり、何か大きなイベントが起きたことは明らかでした。
救急車の到着は30分後、彼は泣き崩れる妻の脇で口から血を流しながら息を引き取りました。

湊中学という避難所に行きました。
リウマチの女性が手首を腫らし、痛みに耐えていました。
受診の手続きを取りましたが、彼女はその避難所から沖縄への移住を希望しました。
沖縄は県をあげて受け入れをしていると、あるMLで知ったからです。

沖縄の担当者に連絡をすると、『罹災証明申請書のコピーが必要です』『沖縄の受け入れは、災害救助法ではなく県の予算なので、5人まとまったらはじめて飛行機に乗れます。飛行場までは自分できていただく必要があります。そこでチケットをお渡しします。』
『申込書はインターネット上から、書式をダウンロードしていただき、印刷して書きこんでください』と、担当官に告げられました。

非常に困難な条件で、少なくともパソコンをプリンターを持った援助者と、飛行場までの足、罹災証明書の申請を行うために市役所に行くという手順をその足が腫れた女性が手配しなければ不可能なのです。
責任者の方とお話ししましたが、埒があきませんでした。

湊中学は、瓦礫の中にあります。
入り口にはニチイのデイサービスセンターの車が3台、見るも無残な形で横付けになり、津波に洗われたホコリとヘドロがそのままになっています。
そこでは避難途中の方がかなりの数亡くなられたとのことです。

近辺には人影はまばらで、地震から1ヶ月ほどたった現在でも、車が家に突き刺さり、魚の腐った匂いが立ち込めています。
湊中学避難所には電気も、水道も、下水もありません。
便はダンボール製の看護師手作りの便器にして捨てています。
一ヶ月経とうと言うのに。

果たして、これを市の職員が中心になって解決できるのでしょうか。
彼らも罹災しているのです。
明らかに疲弊しきっています。
毎日、市民から多くの非難をあびながらの仕事です。
あまりにも広範です。
あまりにも人数が多すぎます。
未だに、自宅避難者の詳細も分かっていません。

市内の3地区の在宅避難者の調査をします。
ボランティアを東京、千葉、宮城などから60名集め、市の保健師さんに情報をもらいながらの仕事です。
しかし、市内のごく一部なのです。
このデータが市全体の被災者の推計に使用でき、少しの被災者のためになり、そして一番には今後の計画の助けになればと考えての行動です。

ふと、これは私の仕事だろうかと思うことがあります。

国会議員の皆さん。
是非、立ち上がってください。
やっている、と思われるのであれば、そのやり方がどこか間違っているのです。
上手くいっていません。
非常事態宣言を地区を限定して発するのもひとつの方法でしょう。

とにかく、物事が遅きに失しています。

================

このメールをもらって、官邸の参与にメールを転送し、直接目を通して、現状を伝えてほしいといつものように話しました。
彼は「こういう話は次々、ぼくのところにも来ているのですよ。
なんとかしたいけど、まったくここは動かない。菅は決めないよ」と嘆き節ばかり返ってきます。

そして、小野沢先生とも話しました。

 石巻の湊地区にいます。
木下さん。
避難所は学校が始まりだすこともあって、教室で閉鎖が始まっているのですよ。
そしたら、体育館しか使えない。
体育館は寒いんですよ。
疲れる。
市内から650人があぶれていて、かなり狭いんです。
避難民のうち、特に高齢者は限界に達していて、ノロウイルスの蔓延は防ぎようがない感じがします。
特に体育館はさっと広がる。
お年寄りや幼い子どもからやられていく。
防ぎようが無いんです。
そんなレベルで蔓延すると一つの体育館で一人が死ぬようなこともおきるんです。
教室なら数人規模ですから、まず蔓延はとまるけれど、体育館は一人患者が出ると防ぎようがないのです。
皆さん、体力が落ちているんです。
メールで書いた人は脳出血で亡くなったと思います。

 こういう言い方をすると大変失礼にあたるかもしれませんが、尋常な状態で皆さんないんです。
極端に言うと、地下街の浮浪者にだんだん近づいてきている感じです。
避難所は、石巻において、特に湊地区は最もひどくなりつつあります。
ゴーストタウンのような感じです。
屋根上に大きな駐車場があるスーパー、エレベータホールに二十人の方が住んでいるままで、仮設トイレを設置はしているんですが。
ところが、ちょっとはなれたところでは被災していないエリアもある、普通にホテルは営業しているんですよ。
ちょっと行くと普通なんです。
二、三日交代でくる公的な機関の支援者が借り上げていてそういうところに泊まっているんですよ。
なんで被災者が体育館に寝て、公的な人達がホテルに寝るのか理解できません。
こういうホテルや遠隔地のホテルを国が借り上げて、被災者を泊まらせたほうが話が早いんです。

 こういう場所から思い切って全面的に離れたほうがよいとは思いますよ。
でもなかなか離れたがらない。
居たいんです。
その理由は、家のかたづけと頻発している物取りの対策なんです。
それでも遠隔地のホテルから週二回でも現地にいけるなら、本当はさらなる避難を承諾すると思います。
最初はこの地を離れないといっていたんですが、一ヶ月たってずいぶん変わってきました。
国がホテルの予約を全部借り上げて、徹底してやればいいんです。ハッキリ言って今も非常事態は継続したままなんです。私有財産権も一部制限をかけるしか現地では方法はありませんよ。なんで東日本壊滅と総理自らが言い出した癖に、今、非常事態宣言もしない感覚が理解できません。

 ここにいて、原発のことも凄く気になっているんです。
僕は今回、すこし遠隔地に避難させるスキームをやろうとして東北にいますが、その点から考えても、原発もシリアスな状況です。
僕らは、もともと千葉の鴨川ですが、福島第一原発の不測の事態を考えると、関係者の子どもたちなどを西日本に避難させられる様に拠点の準備だけは既にしています。
当然だと思います。
さらにこの状況で浜岡原発を止めないと、万が一、何が起きてもおかしくないんです。
あの立地はさらにシビアです。
今、こんなことが続いているのは本当に理解できません。

 僕の見ているところでは、ウンチを紙で丸めて捨てている人がいる、なのに近くの温泉旅館では普通に宴会をしていてるんです。
温泉旅館には被災者が行くべきなのに。
日本の社会はなんなんだろうと思いますよ。
民主党を応援していたけど、もうこんなことを一ヶ月近くも放置しているのを見ていて、ほんとに耐えられないんですよ。
避難所を体育館でもきちんとした設備のある地域まで移動させる、人々を強制的に安全な場所へ移す。
「バスで送ってください。もう一ヶ月も経っているんですよ。」と。

さっきの余震もかなりゆれました。
まさに現地は”DAY AFTER TOMORROW”の世界です。
阪神大震災は木下さんは現地に行かれたならわかりますよね、あの時はボランティアがかなりいましたよ。
緊張していたけど、人間が信じられた。
今回もいるんだけど、エリアが広すぎて、目立たない。
分散しているからかもしれないけど。
だから、荒涼とした空間に、悲惨な状態が続いているんですよ。
映画でしか見たことのないような世界が広がっていて、漠たる不安が収まらないんです。
避難ということが津波の被災地でもきちんといまだに行われていないのです。
さらに原発もおさまらない。これが現状なんです。

小野沢先生は遠隔地避難や避難拠点の構築という観点もお持ちの医師で、こうした津波の悲惨な現場でぎりぎりの活動を続けている方です。
避難という観点から見た場合、今の政権が、津波の避難所の構築も機能していないという認識を聞くと、原発も含めたトータルとしての避難という考えに到底たどりつかないだろうという現実をさらに思い知らされます。
津波による恐怖が続いていることと、原発震災の恐怖も、その原因のみならず、対応についても全く同じ感覚があるのだということを思い知らされました。
本当に恐ろしい話です。




転記ここまで












負けるもんかっ

2011.04.12(17:47)
あー怖い><
昨日からの連続的な揺れ
心臓に悪いわぁ。。。



昨日の夕方の時は、ほんと数分おきにガタガタ揺れていたので
夕飯作るガスをつけたり消したり。。。
いっそレンジで何かチンした方が早いし危険じゃなさそうだなーって思いつつ
地震の合間に急いで作ったら、とんでもない料理に仕上がったよ><




でも埼玉なんて、震源地の方に比べたら
屁みたいなもんだ。きっと



ここで私が凹んでいる場合じゃないっつうの!
どどんと構えて、平常心、平常心



お庭の芝生に秋に植え込んだ白いムスカリ
2011041205.jpg
ラムネがつながったみたいで、砂糖菓子のようで
食べたら甘そうな感じ。。。



このムスカリと一緒に他の球根も芝生に植え込んで
こんな事してみたのです
2011041207.jpg
画像暗くて見え難いけど^^;
小さなお花のラインが見えますか~?



ひとつひとつは主張するような大きいお花では無いんだけど
こうしてラインに植え込むことで、なんか可愛らしくないですか?
2011041208.jpg



埼玉から千葉、栃木、茨城、福島、宮城、岩手、その他にもちろん日本全国
地図の上でもつながっているように
きっと人間ってのは、どこかとどこかでつながってるよ
ひとつひとつは咲き方は(やり方は)違うけど、この芝生に咲かせたお花のように
優しさのバトンが渡っていくと良いなぁ
2011041209.jpg
なので、私は負けません
ここで踏ん張って、地震なんかに負けないぞぉ!!!



勢いついでに、ずっと紹介できていなかった
T邸ガーデン掲載誌
2011041201.jpg
プチ・スウィートガーデニングに掲載して頂いております^^
書店に置かれていたときは、感動してしまったのです><
良かったら皆さん、ちょっと覗いてみてくださいね~


私のお庭つくりはまだまだこれから!
ずっとご紹介したかったバラもあることだし
頑張りまっせ~^^





長く続けること

2011.03.29(10:39)
私、決めました!
もうしばらくお花の苗は買いません
気持ちが落ち着くまでは、今あるお庭のお花達をしっかりと面倒みることにしました




お花を育てるのって、たぶん気持ちの余裕がある時じゃないと
うまくいかないような気がするんだよね。。。




地震の数十分前に、出先で買ったお花の苗
可愛いラナンキュラスと日本スミレ
・・・毎日の慌ただしさで、枯れてしまいました・・・
せっかく買った可愛いお花たち。。。自分達の事だけで精一杯だった証拠です
そして未だに部屋から見えるベランダに放置したまま
でもあえてそのままにしてます
あの日の事を忘れないように




買わないことで浮いた花苗代は、義援金に回すことにしました
自治会や学校でももちろん義援金の協力が来てますし
もう何度も協力している人も居ると思います
私も買い物先で義援箱を見つけたら、小銭ですが入れるようにしています




これが一時のものではなく
継続して続くようにしていきたいなと、自分に喝です
復興には20年以上かかると言われています
額の大きな寄付は芸能人やえらい方々にお任せするとして
一般庶民としても、細々と、でも長く続けることが大事なのではないかなって
昨日考えました



だから、しばしさよならお花の苗ちゃん~です^^



それにね。
苗じゃないけど、種ならあるんだよ
ほら
2011032901.jpg
サクラ☆ちゃんから分けてもらった、たくさんのお花や野菜の種たち
震災の大きかった地域に住むサクラちゃん
ブログの記事に地震とその後の生活が「忘れないために。」と書かれていました



精神的な面、余震、不便な生活、まだまだ大変なはずなのに
記事に書き綴ること、たぶん相当な労力だったと思うんだ。。。



私も忘れない



最低限、子どもを守る知識を頭に入れたから
後は自分に出来ることを続けていくだけだと思う
計画停電がなんだ!水道水の不安がなんだってんだぁ!
関東に住む私たちが頑張らないでどうする!!!
福島の原発から、今までたくさんの電力の恩恵を受けてきたんだから




いつか育てたその種を
またサクラちゃんの元までお届けできるように
被災地の皆さんが、笑顔を取り戻すその日まで
私も出来る事を続けていきたいと思います




水道水・子どもと猫と

2011.03.27(10:20)
とうとう私の実家がある千葉県の一部の地域でも
水道水が乳児の摂取制限されるようになりました



埼玉の私の住んでいる地域では
25日の水質の検査結果が28日に発表されるということで
この数日間のタイムラグ!
その間の水質については、特に乳児がいらっしゃる家庭では不安要素が大きいですよね



粉ミルクを飲む乳児についてはもちろん
幼児、子どもも、大人の基準値を参考にして大丈夫か?との意見もありますね



浄水器メーカーさんの社長さんのコラムが
大変わかりやすかったので、関東にお住まいで心配な方はどうぞ
http://ameblo.jp/etecjp/



子どもの飲水やご飯炊きもそうですが
猫ちゃん、犬ちゃんなどの小動物の飲み水はどうなんだ?となりますが
もうペットボトルの水も完売ですし^^;



うちではハーレーⅡという活性炭フィルターの浄水器を使っていて
今のところ、それだけが頼みの綱となっています
メーカーさんに問合わせてみましたが、いつもよりもバックウォッシュの回数を増やして下さい
との事でした



お風呂には備長炭を2k程入れてます
。。。気休めかもしれないけど、なんだか安心するので^^
放射性ヨウ素と活性炭の関係が分かりやすいページ
http://www.uranokk.com/ac/housha.htm



今後も原発の状態が急速に終息しないようなら
雨が降る度に数値を気にしながら生活することになりそうです
梅雨もやって来ることだし。。。



忘れないうちに、記事にしました
少しでも皆さんの不安要素が取り除かれますように






お庭のお花たち

2011.03.25(17:38)
久々にお庭に出てみたら
2011032501.jpg
沢山のバラが元気良く芽吹いていました



さくらんぼのお花も
2011032502.jpg




花壇のお花も、むくむくとやる気を見せて
2011032503.jpg




大好きなベロニカ・オックスフォードブルーも
2011032504.jpg



秋ごろ、芝生に線を描くように仕込んでおいた
赤ちゃんチューリップも元気に咲いてました
2011032505.jpg
健気な植物たちから元気をもらいました
しばらくほったらかしにしていたのに、すくすく育ってくれてありがとね



チェルノブイリの事故の時も
避難区域から何度退避させても、自宅に戻って来てしまうおばあちゃんがいたそうで
きっとおばあちゃんは、今まで通り何があろうと
自然に生きていたかっただけなのかもしれないですね



今回の福島原発事故は、局地的にチェルノブイリ原発事故に匹敵する土壌汚染が確認された所もあるようです
関東にもまだまだ問題のない程度とは言え
人間にも、水にも、土にもわずかながら、
でも
平等に放射線物質が降りそそいでいるということになります



ホウレンソウなどの葉物に付いた放射線物質
今はまだ表面的に降りそそいだものですが
今後、広い地域の土壌を汚染していって
何年、何十年もの間、日本の農業に暗い影を落とすことになるかもしれません
ですが、店頭に並んだものは安全なのでしょうから
私はこれからも産地に関わらず買い続けるでしょう
逆に家庭菜園で楽しんで育てている野菜のほうが、検査できないから危険かもしれないし><




今日、馬糞でお世話になっているたまごや商店さんのコラムを読んだのですが
ゼオライトが放射性物質を吸着するという内容でした
チェルノブイリ原発事故でも放射性物質吸着目的で大量に散布されたそうですよ
放射性物質を吸着させたゼオライトは適切に処分しないといけないようですが
ゴミとして捨てて、焼却場で燃やしたときに
また放射性物質が大気中にまかれるなんて事はないのでしょうかね?
地中に埋めたとしても、長い年月を経て、また巡り巡って地上に降りそそぐとか
素人的に考えてしまうのですが、実際はどうなのでしょう。。。
「適切」に捨てるように。とありますが
どんな方法が適切なのか。。。。><ご存じの方は教えてください




さて、今日のみやびちゃん
ホットカーペットの上の毛布で落ち着いてますが
背中の毛が逆立ってるでしょ><
2011032506.jpg
まだビクビクは治まってません



近寄ると、不安そうな顔
2011032508.jpg
抱っこどころか、背中を触るだけで
逃げ出してしまいます。。。



しばらくは、そっとしておいてあげたほうが良いのかもしれない
2011032507.jpg
昨日夜から、一緒のスペースにお布団敷いて
みやびがいつでも一緒に眠れるようにしてみました




いろいろまとめ

2011.03.23(10:41)
m(_ _)mすみません
ブログ記事から行きやすいように、自分用に貼らせてください




サイエンス・メディア・センターによる原発に関するまとめ
http://smc-japan.sakura.ne.jp/


全国の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/


社長ブログ
http://shachoublog.net/

埼玉県放射能量
http://www.pref.saitama.lg.jp/page/housyasenryou.html





ハチドリのひとしずく

2011.03.20(09:53)
しっかり立っていこう
 
ふんばって立っていこう

悲しみや不安の気持ちをリンクさせちゃだめなんだ><

ここ数日間の私のブログ記事を見返して、大反省。。。

もう、見た人を不安にさせるようなことは書かないから!

そして、被災地から遠い日常に支障をきたしてない方たちには

いつもどおりのブログ記事書いてほしいなって、思う

たぶん、みんな悩みながら書いてる

だれかを傷つけないか?

今まで普通に書いてた記事でさえ、自省の念に駆られることもあると思う。けどさ

私はブロともさん、みんなの記事が楽しみだ。

気持ちが落ち着く。

そこには幸せの種が隠れてる。














お友達のブログで紹介されていた

「ハチドリのひとしずく」です



『ハチドリのひとしずく』


森が燃えていました

森の生きものたちは われ先にと 逃げていきました

でも クリキンディという名の

ハチドリだけは いったりきたり

口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは

火の上に落としていきます

動物たちがそれを見て

「そんなことをして いったい何になるんだ」

といって笑います

クリキンディはこう答えました


「私は、私にできることをしているだけ」




そうなんだね

2011.03.19(01:42)
みんな、不安な夜を迎えていると思う

これからどうなってしまうんだろうって





今週いっぱいは、実家の長野にお世話になる予定のT邸ですが

今日買い物に出かけると、お米の購入数制限をしてました

お一人様一袋だって


テレビでも、大量買いする人のモラルが取り上げられていたけど


少なくとも、埼玉で私がお米買おうとしたときには


すでに棚にはお米は無かったよ


大量買いしないでと言うけど

私が長野に来る前、14日の時点で買える米はもう一袋もありませんが?、、という状態でした






でも幸せな事に

実家でお米を分けてもらえる事になりましたし


埼玉のお友達で、米不足な家庭用にも

長野でありがたく調達出来ました





ここ数日、ずっと考えてた

結局のところ、

私も旦那も子どもも、家族だけで生きてきたわけでは無いんだよ


周りにいる、いつも笑いあってた仲間とか

仕事とか

家とか

花とか

そうゆうのひっくるめて、つながって、ひとりの人間、ひとつの家族なんだ




どこかに逃げた事で

それは自分の中では正解じゃないんだなと思った




自宅から長野まで来なかったら考える余裕も無く、そんな当たり前の事も見失うとこだった



どこにいたって今を生きていられるなら、それで良い

そしてその場所で、精一杯子どもを守るのが親の務めなんだね



不安なことばかり考えるのは、もうやめよう

病んでくだけだ


数日間落ち込んだ気持ちも

少し軽くなってきました





いざとなったら、支えてくれるであろうブロ友さんも沢山いるし(^-^)

コメント入れてくれるその気持ちだけで、私とても幸せ者です



しばらくはコメントお返事出来ないけど、、、

皆の気持ち、ちゃんと伝わってます。

ありがと。





2011.03.16(22:41)

インフル休みの期間を利用して、実家の長野に今居ます

みやびも一緒です

福島の原発は、テレビの報道だけでは信用出来ず

夫婦でかなり話し合った結果

2日前の夜、急きょ車を飛ばして実家に来ました




旦那だけは鉄道関係の仕事の為、今でも都内に





こっちはまだまだスーパーに食料も揃っていて、危機感も薄いように感じます



埼玉の方の小学校では、登下校は防災頭巾とマスク着用となったらしい



隣で寝息をたててる子ども達を守るため

親の私に出来ることは何だろう




津波が来て、逃げ遅れた人達だったら、逃げるか迷ってる人たちに

早くもっと西に逃げなさいって言うかもしれない




それだけ事は深刻



明日の朝も、子ども達に笑っておはようと言えますように。


神様お願いします。日本を助けて






前ページ | ホームへ | 次ページ
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

三毛猫みやび


ご縁あってやってきた猫の[みやび] センター出身、大事な我が家の3女~♪

↓     ↓    ↓
未来のパパママを待つ子たち いつでも里親募集中
いつでも里親募集中です

検索フォーム

カテゴリ
全ての記事を表示する
画像倉庫

rakuten

アンティーク家具
ガーデン資材ネットショップ
お役立ち
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。