スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

11・・・木力館での出来事

2006.07.10(07:18)
「杢の家からわ版」に載っていた*木の家建築展*のお知らせ。
開催場所は埼玉は岩槻区にある木力館さんです。
夏の暑い日、突如思い立っての行動でしたから
予約など無しで行ったのですが、本当は電話で予約が必要だったようです。

この木力館。しいて言うならば木のテーマパーク!
家を作りたい方も、そうでない方も
木の本当の事が素人でもよ~くわかる、素敵な場所です。
本当の木の良さを沢山の方に知って頂きたいとの想いから
地元の木材やさんが(株式会社 大忠さん)こんなこだわりの場所を作られたそうです。
開放感のある木組みの建物に、一歩足を踏み入れると木の香りで包まれます。
そして裸足で歩く、この気持ち良さったら!
足の裏が、喜んでいるようです。

知りたかった、集成材の事。衝撃的でした。
狂いのない、価格も安いと重宝されている集成材(エンジニアリングウッド)
は、今のハウスメーカーさんではほとんどコレを使って
作られているそうです。
また、一見集成材に見えない柱等も、内側は集成材を使い
見える部分には木目の美しい板を張り合わせた物を「化粧ばり集成材」
と言うのだそうです。
確かに「木材」と言われればそうですが、見た目さえ美しければよいのかと疑問が湧きます。
それに、ほとんどのメーカーさんがこれを集成材とは言わないのでは
ないかなと思いました。
・・・切ってみないと内側までは判りませんし
見た目、本当に立派な柱なのです。
知らぬが仏という言葉がありますが、メーカー任せの家作りにしていたら
そこかしこにこんな木材が使われていたのかと思うと
少しぞっとします。

木材の事もさることながら、木造の家作りをお考えの方なら
聞いた事のある「折り置組」「通し貫」工法等も
判りやすく説明していただきました。
着いてタイミングよく出迎えてくれた木力館の方。
突如現れたどこぞの家族かもしれない私たちに、
とても親切に対応してくださいました。
ありがとう御座います。

主人も、ここに来て以来少し家作りに関しての
考え方が変わったように思います。
少し、2人の意見が揃ってきました。嬉しいです。
<<12・・・珪藻土の壁塗り体験 | ホームへ | 10・・・住宅展示場めぐり>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://woodyhouse.blog83.fc2.com/tb.php/12-39ef5f68
| ホームへ |
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

三毛猫みやび


ご縁あってやってきた猫の[みやび] センター出身、大事な我が家の3女~♪

↓     ↓    ↓
未来のパパママを待つ子たち いつでも里親募集中
いつでも里親募集中です

検索フォーム

カテゴリ
全ての記事を表示する
画像倉庫

rakuten

アンティーク家具
ガーデン資材ネットショップ
お役立ち
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。