2008年05月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 154・・・施主支給品・ローコストでも諦めきれない間接照明(05/28)
  3. 153・・・大好きな本(05/22)
  4. 152・・・東側のウッドフェンス完成(05/17)
  5. 151・・・お気に入りポスト(05/13)
  6. 150・・・古い真鍮金物(05/04)
  7. 149・・・谷中散歩(05/03)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

154・・・施主支給品・ローコストでも諦めきれない間接照明

2008.05.28(00:16)
曾ばあちゃんが亡くなり、週末は長野へ帰省してきました
長野のお葬式は朝から晩まで、あっちこっちへ葬式ツアー(失礼!)するような
目の回る忙しさです
週末に、作ろうと思っていた子どもの遠足リュックを
いまから夜なべして作ります・・・とほほ
その前に、家作りブログですから、肝心の家の方の話を
今日は間接照明のお話です

家作りを進めている方々が、良くお越しくださるので
せめてもの参考になればよいなと思いますが

空間を生かすも殺すも灯りしだい
・・・少し字余りですが
照明はやっぱり大事だよなぁ~なんて思いながら
家作りのだいぶはじめの方に強引に用意してしまった照明が

こちら
20080527233925.jpg
ステンドグラス ペンダントランプ ツインシシル
ウィッチーズキッチンさんで購入しました
我が家のダイニングの照明です
この照明をめぐって、夫婦でケンカしましたが^^;
今となっては良い思い出(?)なのではないでしょうか

ダイニングの照明を思い切って決断しすぎた為
アンティークで揃えたいと思っていた、その他の照明には
あまり予算がまわらず・・・でもいかにも安そうな雰囲気の物にしたくなかったので
お金をかけずに、かつ質の良い物をと探し回りました

こちらは、寝室の照明です
20080527234059.jpg
少し画像が暗いですね

アップすると・・・こんな感じ
20080527234913.jpg
これはシェードとベースの部分を別々のメーカーさんから選んで
組み合わせています
ベースのブラケットは、こちら→送料無料♪【アクシス/Homestead】ブラケットA(灯具のみ)[E-17用]
で購入
同じ物を扱うお店の中でも一番お安く、かつ送料無料でした
このブラケットは、コード部分に中間スイッチ付きのコンセントタイプで
本来なら、コンセントのある場所に付ける「後付け」タイプの照明器具なのです
なにより、このシンプルさが気に入っています
コードはブラケット根元より10cmほど残してハサミでカットし
現場へ託しましたが、しっかりと壁の埋め込み式で問題なく使用できています

ガラスのシェード部分はこちら→アンティークランプの代用だなどと見くびらないでください。アンティーク調ペンダントランプ f...で購入
Sunyowさんの照明になりますが、ベース部分も同じメーカーさんで
揃えると結構なよいお値段になってしまうので
シェード部分のみの購入

ブラケット5,600円ほど+シェード3,000円で合計8,600円程度でしょうか

照明選びに割いた時間は、かなりのものでした
ネットの照明屋さんを、隅から隅まで見てまわりましたが
さりげなくこだわっていて、シンプルな照明の少ないこと!
悩んだ挙句の、この組み合わせでした
こんな雰囲気の物がお好きな方は、この組み合わせが
お安いですよ~
スポンサーサイト

153・・・大好きな本

2008.05.22(06:10)
洋書・・・特にフランスのアンティークを取り入れた暮らしや
家が載っている物が好きです
こちらは洋書・・・ではなく洋マガジン?
2006年に発行された「Art&Decoration」という雑誌です
20080522061008.jpg

これがね!すごい素敵な世界なのです

一部のみご紹介しますが・・・

20080522142633.jpg
こんなトムソーヤが出てきそうな、夢のある木のお部屋とか

いかにもプロバンスな王道の家が載っていたり
20080522143416.jpg


オークションで安く、購入したのですが
これは正解な買い物でした

そして。。。気に入ってしまったキッチンの1ページ
20080522143423.jpg
なんの飾り気も無い感じなのに、なぜか惹きつけられてしまった1枚です
これを画像に写し、設計を担当して頂いた方に
「こんな感じが好きです」
と伝えましたが、もちろん返事がくるはずも無く

おそらく、今の日本の新築とはかけ離れたこのキッチンを見せられても
何言ってんのお施主さん。的な。
そんな感想だったと思われる

で、こちらが今のうちのキッチン
20080522144450.jpg
なかなか理想どおりにはいきませんね!
ごちゃっとしてしまうのは、日本の極小キッチンの宿命なのでしょうか
なんとなく、リネンの目隠しだけは頑張って真似したという雰囲気が漂ってます?

152・・・東側のウッドフェンス完成

2008.05.17(08:06)
家本体に手持ちのお金を全力投球してしまった我が家には
外溝をどこかにお願いする余地はありません・・・
ただ今、オープン外溝ならぬ「オープンすぎる外溝」のT邸でございます

自分たちで、ウッドフェンスを作るのが
一番の安上がりだと考え、色々と調べました
フェンスを立てたはいいけど、傾いて通行人に怪我でもさせたりしたら
安上がりだなんて言ってられないし・・・
とりあえず、フェンス設置距離の短い、人通りも少ない東側のフェンスで
様子見してみることに
20080520131500.jpg

まずホームセンターでクツ石を4個購入
等間隔に置いて、クツ石がチョイ見えの状態まで隠れる深さの穴を掘ります
さらに、クツ石固定のモルタルを底に入れる分の数センチほど掘り出し
モルタル→クツ石固定→クツ石周りにモルタル流し(底から5cmほど)
20080520131458.jpg

→支柱たて→支柱周りをセメントで固定の順番で作っていきます
20080520131831.jpg
画像がぼやけてしまいましたが、こちらはセメントを流した所
支柱の下の部分から木が駄目になっていくそうで、ここは水がたまらないように
中央から斜めに、自然に水が落ちるようにセメントを流した方が良いそうです


20080520132630.jpg
支柱になる部分は、4×4の太めの木を探しましたが
近くのホームセンターに無く、仕方が無いので一般的なラティス用の支柱にしました
・・・少し細いよなぁ大丈夫かななどと思っていたら
案の定、家の方で現場監督をしてくださった方に
「これでは少し弱いかも」と言われてしまいました
・・・・・やっぱりね・・・・・
ま、人通りの多い南側のフェンスを作る時は気をつけるとします

支柱にはあらかじめ、キシラデコールを塗り、乾いた所で水性ペンキを2度ほど塗りました
この柱を立てるまで、ほぼワタクシ一人の作業です
道行く人が、あの奥さん何してるんだろう的な目線を送ってきます

ウッドフェンスに関しては、「ウエスタンレッドシダー」というアメリカの杉材が適しているという
事でしたが、日本人なんだから、日本の杉を使おうよ。という事で
(いや、ウエスタン~より、日本物の方が安かっただけですが)
セキチューさんというホームセンターで3Mの長さの物をカットしてもらい
運んできました

で、せっかくのDIYなのだから
デザインは自分の好きにしようと
こうゆうの、何ていう切り方なのでしょう
20080520132016.jpg

今までのこぎり1本でDIYしてきましたが、さすがに骨が折れる作業の為
こちらを購入(セールだったので三千円ほどでした)
電動ジグソーです
20080520132628.jpg


130cmの高さの材と85cmの長さの材を交互に配置するフェンスに決定
あまり木材の端材を出したくなかったので、3M長さの材を目いっぱい使っています
ここもキシラデコール→水性水色ペンキ→仕上げに水性クリーム色のペンキ
でシャビーなペイントにしました

注意*油性キシラデコールで下地処理をした木材には本来なら油性ペンキで上塗りが良いそうです
    (ど素人なので、普通に水性ペンキを使ってしまいました)
    とはいえ、キシラデコールにも相性のよい水性ペンキもあるそうで
    それを使えばべたつかないそうです
    うちの場合は、何も知らなかったのにも関わらず、相性が良かったようで
    特にべとついてはいませんでした

マットなグレイかかった水色のイメージだったのですが
かなりポップな水色だったので、家にあったクリーム色のペンキでシャビーな雰囲気に
方向転換しました
結果♪オーライでした

横木も同じようにペイントし
組み上げてから、支柱に固定しました
20080517080614.jpg

完成です~
このフェンス立てをしている時期はちょうどGW真っ只中だったのですが
パパは毎日仕事でいないし、子どもはどこにも出かけられないしで
ひとりの作業は相当大変だったのですが
このフェンスを立てた瞬間に、大変だったことなど忘れてしまうほど
嬉しさがありました
DIYって、自分の好きなように出来るのはもちろん
頑張った分だけ、結果で現れるので
はまる人の気持ちがよ~く分かりました!

151・・・お気に入りポスト

2008.05.13(17:18)
ただ今、外周りのウッドフェンスを製作中です
日夜、黙々と作業に明け暮れているので
あやうくブログの存在すら忘れてしまう所でした
ふぅ~
忘れないうちに、書き留めておきたい事が山ほどあるのですが
なにせ時間が追いつかない
でも陰ながら楽しみにしていてくれる方々がいらっしゃるようなので
時間の許すかぎり、書き込んでいきます

・・・では、本日の話題です

我が家に、そう!
ポストさんが届きました~♪
20080513165842.jpg
一目惚れした、唯一無二のポストです!
(すみません。奥にチラッと見えるのは自作のインターフォンカバー。主人に不評ですぐに外しましたが^^;)

ポストはブログを通してお知り合いになれた
「アンティーク&レンガの家作り」のishikawaさんにお譲り頂きました

ご自宅をハーフビルドで作り上げたそうで、
それはもう、素敵な空間がブログ上でも紹介されています
まるで日本でないような、異国の古い家屋のような・・・私の好きな洋書の世界が広がっていて
ただのアンティークだらけの新築の住いとは、一線を越えています

このポストを見るたびに、にやにや。。。
ポストって、あまりこだわることなく決める人が多いけど
ドアよりも前にあって、表札の隣にあるので
結構、目が行きませんか?
ネット検索好きな私なので、何百もの市販のポストを見ましたが
お気に入りが見つからず
まだ先延ばしで良いやと思っていた矢先の出会いでした
20080513165844.jpg

ポスト口はデッドストックの物です

素敵なポスト、末永く大事にしたいと思います

150・・・古い真鍮金物

2008.05.04(23:02)
アイアンや、無垢の木や、真鍮や
古くても「味」が出るものが好きな人が増えているような気がします
本物志向な物が載っている、おしゃれな雑誌が増えたからでしょうか
好きな人は増えているはずなのに、供給する側はまだまだ少ないのが
現状のようです
本物志向の家を、低価格で!なんてのは少し無謀な感じがしますし
贅沢ふんだんに本物志向の家を作ります。。。なんて言われても
逆にすごい贅沢な家が出来てしまいそうで引いてしまいます

ご近所の、錆びれた金物屋さんの話ですが
店番のおっちゃんがこれまた良い雰囲気で、毎回良い話をして下さいます
「真鍮の物、何かないですか~」と言えば
「真鍮物は皆、出ちまったんだよ」なんて言いながら
「これならあるよ」と出してくれた金物が

↓これ
20080503230518.jpg

なにやら古めかしいボロボロの箱から出てきました^^;
20080503230609.jpg
真鍮の扉用のラッチです
どこかで見たことあるなと思ったら・・・
我が家の古いドア用にと、現場監督さんが付けてくださった物と同じでした
(サイズは違いますが)
中央の三角の部分が両側どちらからでも倒れるようになっています
現場監督さん、いったいどこから仕入れてきてくれたんだろう
かなり入手困難なはず

おじさん曰く、ホームセンターなんかで売っている真鍮は
ほとんどメッキなんだよ。との事で
えっ!そうなの!知らなかった。少しカルチャーショックです
その点、昔の物はみんな無垢真鍮だから良い物だよ~と

表面が真鍮加工されていれば、真鍮と謳って良いんだ・・・
なんだか少し成分に珪藻土が含まれていれば珪藻土と謳って良いのと同じじゃんと
思ったのです


これは真鍮ではなく、真鍮に変わる素材として
出てきた素材・・・名前を聞いたのですが忘れてしまった
光具合も、少し真鍮とは異なりますが
真鍮の物よりも、大量生産出来る物だったのかな?と想像してしまいました
20080503230637.jpg
使っていくうちに良い雰囲気になるだろうか、う~ん。。。と思いつつ
先日DIYで作り変えた玄関収納の扉にはこれを使ってしまいました
珪藻土にお金をつぎ込みすぎて、珪藻土貧乏になりつつある我が家です

その他、100円の木のトンカチや、ちょうどなくなっていた釘なども量り売り(!)で購入し
お会計していたら、レジ脇に「真鍮ネジ1本10円」と書かれた小さな箱が
「これも真鍮ですよね~また今度買いに来ます!」と伝えると
「良いよ~持ってって!」と
沢山のビスをおまけしてくれました
20080503230516.jpg
これ、ほんの一部です おまけの範ちゅうを超えるほど沢山の量を頂いちゃいました

うちにある、ホームセンターで購入していた真鍮ネジ
実はメッキだったの?と半信半疑なのですが
本物か?ニセモノか?見分ける方法、何か無いですかね・・・
やすりか何かで削れば正体現るだったりして
うまくいったら結果報告します

149・・・谷中散歩

2008.05.03(22:55)
数ヶ月に1度の、パパに子どもを預けての特別な一日
高校の頃からの気心知れた友達と、遊ぶ事に
時間もたっぷりあるし、どこ行こう?
たまにはのんびり谷中なんてどう?
・・・という事で、日暮里で待ち合わせ、谷中方面へ

歩く事数分
???人が多い?
気のせいかなと思いつつ、夕やけだんだんと呼ばれる
商店街へ続く階段へ・・・
んっ、なんじゃこりゃ~
私の知っているのどかな谷中の面影は無く
通りには人・ひと・ヒトだらけ

およそ10年前に来た頃は、それはのどかで
いかにも下町な商店街に、猫ちゃんがごろにゃんとお昼寝しているような
大好きな町の雰囲気だったはず
今では大きなマンションまで出来て、良い情緒のある風景は
もう無くなっていました・・・

でも、よく言えば活気のある商店街
人に来てもらってなんぼのものかもしれません
人の流れに乗って歩きつつ、上の方を見上げると・・・
ほら
昔ながらの、なんとも大好きな雰囲気が広がっていました
20080503223854.jpg



その後、人を避けるように千駄木方面へ
ここで・・・私のアンティーク好きの鼻がぴくぴくと動きました
カフェ「ペチコートレーン」さんの、外観は洋館を思わせる佇まいです
塗りの壁に、腰まではレンガ、はめ込みのアンティークステンドに、ドア
汚れていたって、レンガがかけていたって
古くさくって絵になるんです
そう、使い込まれた感じがなんとも言えません
中にも入ってみたいところでしたが、その前に「やなか珈琲店」さんで
ミルク珈琲を頂いていたので、今回は入りませんでした

ペチコートレーンさんの2階は「不思議~はてな~」さんという
日本の古道具やら本やらを取り扱うお店です
20080503223914.jpg

店主さんに、ご自身で作られた内装ですか?とたずねた所
以前、1階はカフェになる前にアンティークショップだったそうで
改装する際、古い建具やらを使って、今の状態になったそうです

谷中をゆっくり散歩するつもりが
千駄木散歩になってしまいました
個性的なショップさんが沢山あって
なんだか流行る前の代官山のような感じがしました

谷中って、いつの間に町としてあんなに人気になったのでしょう?
だれか知っていたら教えてください
| ホームへ |
カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

三毛猫みやび


ご縁あってやってきた猫の[みやび] センター出身、大事な我が家の3女~♪

↓     ↓    ↓
未来のパパママを待つ子たち いつでも里親募集中
いつでも里親募集中です

検索フォーム

カテゴリ
全ての記事を表示する
画像倉庫

rakuten

アンティーク家具
ガーデン資材ネットショップ
お役立ち
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。