2007年01月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 32・・・間取りのこだわり(01/27)
  3. 31・・・100年住宅(01/22)
  4. 30・・・3匹のこぶた(01/20)
  5. 29・・・地質調査とは(01/17)
  6. 28・・・住宅ローンその2(01/16)
  7. 27・・・ローコスト住宅(01/15)
  8. 26・・・あけましておめでとう御座います(01/10)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

32・・・間取りのこだわり

2007.01.27(19:49)
今、間取りの調整中です。
銀行側から、早くしろ~とお尻を叩かれているので
かなり大慌てのプランニングとなっています。

間取りの件では森さんに何度も足を運んでいただきました。
なんとなくこれで行こう!と決めたものの
過去の間取りを見返しては、これも良かったのでは・・・と。
袋小路に入り込んだようです。

戸建てになるなら、庭の手入れを楽しみたい!との
最初のこだわりをスパッと切って2階リビング案で
お願いします!と決めたはずなのに
なんとなく後ろ髪ひかれる気分。
一番のこだわりポイントを、外さなくても良かったかなと
最近ひとり葛藤しています。
せめて、もう少し悩める時間があれば良かったかなぁ。

スポンサーサイト

31・・・100年住宅

2007.01.22(20:13)
日本の今の一般的な建て売り住宅の寿命は
約20年~30年しかないそうです。
だからリフォーム業者さんが流行るのでしょうか。
家を考え出してから、外を歩くと気になるのはやはりよその家の外装。
壁に湿気がたまったのか、一部壁が変色している家や
亀裂の入った家など、結構よく見かけます。

欧米の家はそれこそ100年以上、いやもっと
何世代にも渡って住まう事のできる家がほとんどです。
かなり丁寧にしっかりと作られています。
古いヨーロッパの家の写真集が好きで、
ちょこっと時間が空いた時にすぐ見れるように
手元にいつも置いてあります。
古い壁、傷が付いた床。
それでも「おんぼろ」な感じではなく、とても味のある
住いになっているのは住む人のセンスが感じられるインテリアが
あるからでしょうか。

杢の会さんにお願いする前も、実は結構悩んでいましたが
いわゆる洋風なたたずまいにしたいのなら、よくある
フランスプロバンスを謳ったハウスメーカー等にお願いしてしまえば
手っ取り早いわけで。

木の住い=和の住い
主人もずっとこう思っていたようです。

でも洋風な家も和風な家も、たぶん基本は一緒だと思います。
住むほどに味の出る無垢の床に腰板。塗りの壁。
(予算の関係で、塗りの壁は一部にしか使えないかもしれませんが)
後は住む人のセンス!

今まで杢の会さんで見学させて頂いたお宅は、和の要素が
あるものでしたが、我が家に限っては少し違うかもと。
変わり者の私がフランス&イギリスのアンティーク好きと言う事で
限りなく「洋」な住いになるのではと思います。

果たしてどんな雰囲気になることやらですが
興味のある方はお楽しみに。
一番不安に感じているのは設計の森さんかも。。。
そして永元さんも?

30・・・3匹のこぶた

2007.01.20(10:50)
3匹のこぶたという有名なお話。
イギリスの昔話ですね^^
たぶん翻訳の微妙に違う絵本がいくつも出ていますが
うちにあるお話は、最後は狼を茹でて食べてしまうという
子どもの絵本なのに少し恐ろしい結末です。
それはさておき、先日主人がなかな面白い事を言っていました。
「3匹目のレンガの家とまではいかないにしろ、
 2匹目の木の家くらいにはしたいよね。」

お話では2匹目の木で作った豚さんの家も
狼に一息で吹き飛ばされてしまうのですが^^;

家作りにかける想いは人それぞれだと思うけど
私は前々から、100%完璧な住いを手に入れたいのではなく
住みながらにして手を入れていけるような住いにしたいと
考えていました。
主人に言えば、またケンカ腰になりそうだと思って
口をつぐんでいましたが。
以前なら、なにもかも業者でやってくれて
自分達は新しい住いにぽんっと越せる、そんな簡単な
住いを希望していた主人が、最近では
「せっかく木のこだわりの住いになるのだから
少し大変でも、自分で壁を塗る!」と名言。
これは、かなりの進歩。
・・・というか、かなり私に洗脳されてきたご様子。

色々と大変ですが、基本は楽しみながら。
そんな姿を見る事が子どもにも良き経験になりますように。

29・・・地質調査とは

2007.01.17(09:46)
今日は土地の地質調査の日でした。
杢の会さんから御紹介されたのは「ジオテック」さんです。
小雨が降る中、どんな作業をするのかと興味本位で
立会いに行きましたが、想像とは違って2人で黙々と
作業をこなしていらっしゃいました。

先がスクリューのようになっている細い棒を
地面に突き刺して、上部に付いているハンドルを
2人でくるくると回していきます。
1個25キロの重りを4個その棒に付けて、沈む時はそのまま
沈まなくなると手で回転させて、さらに沈むようなら
棒を追加していくといった感じです。
スウェーデン式サウンディングと呼ばれる調査だそうです。

ジオテックさんは単なる地質調査だけでなく、過去の周辺の
地質なども含め、詳しく解析して下さるそうです。。。
地盤的にはあまり宜しくないような雰囲気ですが。

P1010204.jpg

↑作業に夢中で見入る娘↑

28・・・住宅ローンその2

2007.01.16(00:34)
家の事で、唯一私があまり触れていない所。
住宅ローンの話です。
前職がマンション販売だった主人に全てを託しています。
。。。色々と説明はしてくれますが、右から左に流れて行きます。

主人:これくらいの毎月の返済なら大丈夫そう?
私:うーん。大丈夫じゃない?

という感じです。
銀行へローン打診に行く際も、私はお留守番で
全てを任せてしまいました。
何度か銀行へ足を運び、それなりの対応をされたり
なんで俺が嫌な顔されなくちゃいけないんだ!と怒って
帰ってきたこともありましたが。。。
家が建って何年か経ったとき、全て自分達でやったんだよなぁ
な~んて思ってはくれないかしら?

当初の予定では、なんとなくの上物の金額さえ決まっていれば
大丈夫だろうとの話でしたが
今では銀行も厳しくなり、建物面積がしっかりと決まっていないと
いけないだろうと。
そこで決めてから、再度銀行へ向かうと
間取りも動くようならまた困ります。だそうで。

土地契約→約1ヶ月ほどで間取り決め

うーん。ハードですね。
悩む暇はないと言う感じがして、非常に嫌なのですが
ま、ま、長い間悩みすぎるのも宜しくないと腹をくくって
スパッと決めていこうと思いました。





27・・・ローコスト住宅

2007.01.15(00:15)
我が家の家造り・・・今は設計をお願いしている所です。
設計の森さんと何度か話をするうちに、ローコスト住宅とは
なんぞや?と少し見えてきました。
今は間取りを図面上で描く状態ですが、いかに無駄のない
空間にするか、コストダウンするかがポイントのようです。
さすがにあまり頻繁に「ローコスト住宅は・・・」と言われると凹みます。

でも。

うちに浴びるほど金銭的に余裕がある状態で家造りをスタートさせていたら?
たぶん、こんなには悩まずにスパッと決断していたかもしれません。
極端に悩まなくて済む建て売り。またはマンションを。
「買います」と言った次の日にはハンコを持って契約。
何の疑問も感じないまま日々を過ごしていたかも。
お金が無いなりに、悩んで探して、行き着いた先が
今のこの状況なのだと思います。
それに、普段あまり頭を使わずに生活しているせいか
直感的なものもかなりあります。
色々な場面でビビッと来て、点と点が繋がって今に至るわけです。
あまり偉そうには言えませんが。

ローコスト・・・なのにこだわる所にはこだわりたいと言う
我が家の意見に、いつも的確な意見を下さる森さんの
大きい懐に感謝です。

26・・・あけましておめでとう御座います

2007.01.10(16:44)
ずいぶんと遅い新年の挨拶となりましたが、
お正月から家族で風邪のもらいっこで
看病しては自分が倒れ、立ち直っては看病しを
繰り返しています。
体調が悪そうでも、姉妹ケンカする程元気なら
ま、大丈夫でしょうと病院には行ってませんが。

それにしても部屋は散らかりたい放題・・・
パンツ一丁、下着一枚で騒ぐ子ども達。
このひんやり部屋でよくまあ寒くないのかなと
思いますが。。。

今年は念願の新居に・・・引越しできるでしょうか。
木の家をお考えの方、このブログが少しでも家造りの手助けに
なれますように。

| ホームへ |
カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

三毛猫みやび


ご縁あってやってきた猫の[みやび] センター出身、大事な我が家の3女~♪

↓     ↓    ↓
未来のパパママを待つ子たち いつでも里親募集中
いつでも里親募集中です

検索フォーム

カテゴリ
全ての記事を表示する
画像倉庫

rakuten

アンティーク家具
ガーデン資材ネットショップ
お役立ち
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。