2006年12月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 25・・・サンタさんからのプレゼント(12/26)
  3. 24・・・土地の契約をしました(12/25)
  4. 23・・・構造見学会と完成見学会(12/23)
  5. 22・・・うそのような本当の話(12/18)
  6. 21・・・建築条件なし売り土地(12/17)
  7. 20・・・分離発注とは(12/13)
  8. 19・・・父の話(12/11)
  9. 18・・・家作りブログをリンクして下さいました(12/07)
  10. 17・・・土地探し(日当たり重視)(12/03)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

25・・・サンタさんからのプレゼント

2006.12.26(05:05)
今年のサンタさんからのプレゼントは、小さな物でした。
金額を知っている親としては、こんな物で大丈夫だろうかと
心配しながらも、そんな心配なんてどこへやら
子ども達は朝起きて大喜び^^
大人から見て小さい物でも、子どもの目から見れば
小さい一粒が宝石のように見えるのかもしれません。

振り返れば今年は、家に始まり家に終わる一年でした。
家族会議じゃないけど、その話になると夫婦でケンカばかり
していたような気がします。
子どもが寝静まってから話すれば良いものを、なにげに子どもの
前で話し込んで、挙句の果てに大きな声でのけんかをするパパとママを
見て、子どもながらに「家の話」=「なんだか嫌な話」と
すっかり頭に叩き込まれたようで
何度目かの話の時、子どもがそわそわとしはじめました。
「パパこれ読んで」「ママ見て」と言ってくるのは
自分の事ももっと見て欲しい気持ちの現れでしょうか。

以前、聞いた話。
親がケンカしている所を子どもが見るのは良くない。
なぜなら自分が責められたように感じてしまうから。
なのだそうです。

判っていながらも、つい言い合いしてしまう私たちは
まだまだ親としても未熟で、いつも反省しています。
来年こそ、ケンカのない家作りになるよう気を付けようと
思っています。
少なくとも子どもの前では止めておこうと心に誓うのでした。
スポンサーサイト

24・・・土地の契約をしました

2006.12.25(13:09)
土地を決めたからには、契約をしなければいけません。
年末という事もあり、不動産屋さんが休みに入る前に
バタバタと契約する事となりました。

主人はここの所、休みや泊まり勤務明けの日
色々と動き回るので疲れがたまっている様子。
いやぁ。この忙しさ一体いつまで続くのでしょう。
きっと家がちゃんと建つまでは、こんな調子で
過ぎていきそうです。

今日も睡眠時間3時間のまま、一人で契約に行ってくれました。
気に入った土地とはいえ、少し金額オーバーだったのが
やはり後に響いてくる気がします。
全体予算は決まっているので、妥協ポイントが増えると
言う事でしょうか。
・・・嬉しいような悲しいような複雑な気持ちです。

23・・・構造見学会と完成見学会

2006.12.23(13:17)
杢の会主催の構造&完成見学会に行って来ました!
一件目は構造見学会、今まさに家を作っている真っ最中の
お宅を見学です。
こうしてまだ壁の貼られていない家の中に入ると
よく模型である構造体の中に入っているようです。

二件目は出来立てほやほや、完成物件。
木のにおい、何もかもが新しいその家は
主人がとても気に入ってしまったようです。
同じ子どもを持つ家族でした。
こんな素敵な家が、果たして我が家にも持てるのでしょうか。
今さらながら、不安は拭えません。
主人も同じことを思っていたよう。
広さはしょうがないとして、こんな立派な造りのお家に
程遠くなりそうな、そんな気がしてしまうのです。
やはり最後は「お金」の問題です。

あと10年待って、貯金を貯めてから家を考えようと
何度言い出そうとした事か。それでも今、出来る範囲のもので
良いから建てたいと思ったのは、やはり子どもと生活できる年数を
考えるからでしょうか。
まだ皮膚感覚の敏感な時期に、身の回りに裸足で遊べる
床があれば・・・。
子どもの為だけの家つくりにはしたくないと思いつつ
裸足になる事が大好きな子ども達に、どうしても今の住いで
我慢してね。という気分になれず。
私の冷え性も年々ひどくなるばかり・・・。
あぁ、なんだか暗い気分になってきました。

何かをすれば何かが動く!良い事も悪い事も。
大好きなママさんが言ってくれた言葉です。
いつも思い悩んだ時には思い出す、素敵な言葉なのでした。

22・・・うそのような本当の話

2006.12.18(12:59)
小澤さん、そして建築士の森さんも良いタイミングだからと
物件の前で前で初顔合わせでした。
森さんの印象?「一見怖そうだけど、優しい人ですよ」と
小澤さんに言われていたのですが、全然怖そうじゃなく
逆に優しそうでした。可愛いうさぎ?の絵の入ったシャツなんか
着ているあたり、やはり子どもを持つ親だなという感じです。

肝心の土地の方はというと、我が家の心配をよそに
小澤さん森さん2人で、ココをこうして・・・2階にリビングを持ってきて・・・
とすでに構想を練っている様子。
まだここに決定!と話したつもりはないのですが
とんとんと話が進んでいくのは、やはりこの場所が
それなりに良い土地だと思うからなのでしょうか。

先日の父の直感の話を思い出し、やっぱりココに
決めよう!と思ったこの日は、偶然にも結婚5周年記念日でした。

土地を決めた日が結婚記念日になるとは・・・毎年忘れずに
お祝いできそうです。

21・・・建築条件なし売り土地

2006.12.17(15:10)
早坂さんに御紹介頂いた、埼玉I区の物件を見に行きました。
新規分譲の何区画か、土地もそこそこの広さで小学校が
真裏にあるというなかなか良い物件でした。。。
しかし、何かピンとくるものが無く保留。
そのまま家路へ着く前に、我が家の予算以上の土地が
どんな物か、勉強がてら見に行くことにしました。

確かネットで検索してみた場所はここの辺りで~
と車でうろうろとしていると、見つけたその土地は
日当たり良好!駅からも10分くらいで、土地の広さも
希望の物よりはるかに広く、さらに嬉しいのは角地でした。
周りの環境も程よく自然があって、毎日子どもと散歩するのには
もってこいのロケーションです。

「ここ良いねぇ~。」と珍しく夫婦意気投合。
予算的に検討中のものより300万以上高く、やっぱ
高嶺の花だななんて家に帰りましたが、どうしても気になる!
早速再度ネットで検索してみると・・・なんと大幅な値下げをした直後でした。
予算より少し高いものの、この程度なら頑張ってみる価値のある
土地だと思い、早速杢の会、小澤さんに連絡しました。

明日、一緒に現地へ行く運びとなりました。

20・・・分離発注とは

2006.12.13(23:40)
杢の会さんで家作りをお願いしたのは良いものの
やはり心配なのは我が家の低予算で、どこまでの家が建つのか。
という事でした。

セミナーに参加している当時から、うちには縁の無い話なのでは。と
何度頭をよぎった事か。
それでも望みを捨てずに思い切って杢の会さんにお願いしたのは
このページの言葉がいつもどこかにあったからでした。
 ↓  ↓
■無垢材の家は高い?【家づくりの値段】

以前、木力館の方がこんな話をして下さいました。
「節のまったく無いきれいな木を好む方もいらっしゃいますが
人間にも色々な性格があるとおり、節や色々な杢目がある木の方が
自然だと思いませんか?」

節目の無い木(無節)は確かに素敵。
でも無節の木材より逆に節のある木に惹かれます。

私を木に例えるならば節どころか穴だらけ
間違いや後悔の連続を繰り返す毎日です。
それでも興味のある事は突き進んでいきたいという
自信と勇気で頑張っています^^
少し、いやかなり大げさか。

・・・話が逸れましたが
限りなく低予算の我が家に、差し出してくれた一筋の光~
「分離発注システム」の選択でした。

一般的な住宅の契約だと・・・
建築主は住宅販売会社との契約になります。住宅販売会社は建築費用の中に、色々な経費と利益を入れることになるのだそうです。
モデルハウスのコスト、営業さんの人件費、元請会社、下請会社などの
経費も含まれるので
携わる人や会社が増えれば増えるほど、お金も増えてくるといったところでしょうか。
それに、間に入る人が多いので、建主さんの意思がちゃんと伝わらないといった事もあるそうです。

分離発注・・・工事を一式請負で建築業者に発注せず、資材や専門工事を直接各業者と契約して、工事毎に支払いをする方式。
元請が間に入らないので、その分工事費が安くなる(!)
各工事の実際の工事金額を発注者は把握できる事で「コストの透明化」(!!)
結果として全体工事価額を圧縮できる事が最大のメリット(!!!)
もちろんデメリットもあるでしょうが、悩んでいる暇は無いのです。

そして杢の会さんから御紹介いただいたのが大樹建築・造形研究所の森 大樹さんでした。
限りなく低価格でお受け下さいました。
ありがとう御座います。
名前からして、自然体な感じの方なのかしら?と
勝手に想像していましたが、後日会う運びとなりました。
我が家の家作り、急展開中です^^




19・・・父の話

2006.12.11(12:45)
土地探しの話を父としました。

むか~しむかし・・・私が住んでいた小さな家は
庭の真ん中に、噴水のように咲く雪柳の木がありました。
小さいながらも、その庭で兄とゴルフごっこをしたりした記憶があります。
残念ながら建て替えの際、庭に生えていた樹木は全て掘り起こし
庭のほとんど無い、新しい家になりましたが
幼い頃遊んだ庭のイメージの方が思い出深く、私の育った家という感じがします。

そんな話を父にすると、その場所を選んだ理由が
庭の土を一握り手の上に乗せた時の温かい感触。
直感でその地を選んだそうです。
当時は自然に囲まれていて、のどかだったそうですが
今では家南側にアパートがあるため、日当たりは悪く
自然だらけだった周りの景色もすっかり変わってしまいましたが。

色々な土地を見て廻る事、その中から一番良い土地を探したい!と
つい思ってしまいがちですが
直感も、大事かなと思った一日でした。


18・・・家作りブログをリンクして下さいました

2006.12.07(00:12)
杢の家をつくる会さんトップページにリンクして頂きました。
小澤さん。そして杢の会さんよりお越しの方々。
°。(*^▽^*)ゞありがとう御座います!
こんな小さな私的なブログで良いのだろうかと思いつつ
勢いだけで突き進んで生きたいと思います^^

出来れば毎日更新のブログにしていきたいのですが
一日24時間じゃ足りん!と本当に「あっ」という間に
毎日が過ぎていきます。

そんな中で、これから我が家の家作りを少しずつですが
御紹介していきたいと思います。
今のところ、ひっそりと更新しています。
検索サイトや他のブログにトラックバック、SEO対策など、
何もしていません!
なので、アクセスは純粋に家作りに興味のある方のみ
反映しています。(たぶん)
幼い子供2人連れての家作り、どうなることやらという感じですが
陰ながら応援して下さると嬉しいです。

17・・・土地探し(日当たり重視)

2006.12.03(00:31)
今日は土地を見に行ってきました。
淀屋観光株式会社の早坂さんに土地関係をお願いしています。
杢の会の会員不動産業者さんです。

今日は主人が仕事の為、私ひとり2人の子どもを引き連れて
いくつか巡りました。
普段、送り迎えの決まった道しか走らない(基本は運転嫌い)ので
今日はけっこう思い切ったかな?

家から30分ほどの場所でしたが、走りなれていない道を走るのは
少し緊張しました。

結局細い道は入って行けず、後日主人とまた見に行く予定ですが
自分で運転して、住む事になるかもしれない道を走るの
結構良いかもと感じました。
道幅の感じもつかみやすいし。
車を降りて周りをぐるりとお散歩してみると
住環境や車の通る頻度など知る事ができます。

今日見た物件のひとつは南側が私道になっていました。
私道があると色々と倦厭されがちだそうですが
南にあるので、日のあたり具合は良さそうです。
今は閑散としている感じでしたが、数年後どんな場所になっているかな?
向かい側にも家は建つかしら等と想像してみました。

家で物件情報を見て、(勝手に)思い描いていた感じと
現地の感じは違う場合がほとんどなので
やはり、自分の目で見て確かめる事が大事だと思いました。

悩んでいる間が楽しいです。
(本当はそんな悠長な事は言っていられないのかもしれませんが^^;)

都内の土地の価格が上がっているそうです。
プチバブル到来。その余波で首都圏の土地価格も上昇中だそうで。
うちにはプチバブルの波は来ていないんだけどなぁ。
| ホームへ |
カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

三毛猫みやび


ご縁あってやってきた猫の[みやび] センター出身、大事な我が家の3女~♪

↓     ↓    ↓
未来のパパママを待つ子たち いつでも里親募集中
いつでも里親募集中です

検索フォーム

カテゴリ
全ての記事を表示する
画像倉庫

rakuten

アンティーク家具
ガーデン資材ネットショップ
お役立ち
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。