2006年07月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 12・・・珪藻土の壁塗り体験(07/15)
  3. 11・・・木力館での出来事(07/10)
  4. 10・・・住宅展示場めぐり(07/01)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

12・・・珪藻土の壁塗り体験

2006.07.15(03:50)
杢の家をつくる会さんの第3回目のセミナー「壁塗り体験」に
参加してきました♪

壁塗りの前、「家つくりの素材」についてのお話がありました。
松丸浩二さん(芸術家)が講師です。
先日木力館さんに行った際、2階に展示してあった
木で作られた丸いオブジェ・・・。
何か、住まってそうなそれを作った方だそうです。
娘は、何が住んでるのかなぁ?小人さん?と言っていました^^

松丸浩二さんのHPギャラリーです。
奥様は建築家さんだそうです。M.I.E 建築デザイン
ブログも楽しく、いつも拝見しています。
どんな仕事をしていても、同じ子を持つ親だなぁと
ほっとできる、可愛いブログです。

少し体調が悪く、きちんと話を聞かないまま
子ども達と一緒にキッズルームへ。
松丸さんのお子ちゃまとも一緒に遊びました。
女の子3人、仲良く遊んでいるなぁと思っていると・・・
突如滑り台の頂点に立ち「私は孤独を愛する人なのさぁ~」と
5歳児ちゃんとは思えないびっくり発言をする松丸さんのお子ちゃまでした。
さすが芸術家さんの娘さんは言う事が違うなぁ~と。
可愛いのにその言葉のギャップがありすぎて、笑ってしまいました。
親の事、子どもはよく見てますね^^

肝心の壁塗りの方は私は参加せずパパだけ参加。
今流行り?の珪藻土を使った壁塗り体験でしたよ。
塗りの壁だと、漆喰か珪藻土に分かれるようですね。
素人では、漆喰を塗るのは難しく珪藻土がオススメだそうです。
雅姫さんのお宅でもホワイトのテクスチャが素敵な珪藻土の
壁を使われていますね。
アンティークが映えてますよね^^




スポンサーサイト

11・・・木力館での出来事

2006.07.10(07:18)
「杢の家からわ版」に載っていた*木の家建築展*のお知らせ。
開催場所は埼玉は岩槻区にある木力館さんです。
夏の暑い日、突如思い立っての行動でしたから
予約など無しで行ったのですが、本当は電話で予約が必要だったようです。

この木力館。しいて言うならば木のテーマパーク!
家を作りたい方も、そうでない方も
木の本当の事が素人でもよ~くわかる、素敵な場所です。
本当の木の良さを沢山の方に知って頂きたいとの想いから
地元の木材やさんが(株式会社 大忠さん)こんなこだわりの場所を作られたそうです。
開放感のある木組みの建物に、一歩足を踏み入れると木の香りで包まれます。
そして裸足で歩く、この気持ち良さったら!
足の裏が、喜んでいるようです。

知りたかった、集成材の事。衝撃的でした。
狂いのない、価格も安いと重宝されている集成材(エンジニアリングウッド)
は、今のハウスメーカーさんではほとんどコレを使って
作られているそうです。
また、一見集成材に見えない柱等も、内側は集成材を使い
見える部分には木目の美しい板を張り合わせた物を「化粧ばり集成材」
と言うのだそうです。
確かに「木材」と言われればそうですが、見た目さえ美しければよいのかと疑問が湧きます。
それに、ほとんどのメーカーさんがこれを集成材とは言わないのでは
ないかなと思いました。
・・・切ってみないと内側までは判りませんし
見た目、本当に立派な柱なのです。
知らぬが仏という言葉がありますが、メーカー任せの家作りにしていたら
そこかしこにこんな木材が使われていたのかと思うと
少しぞっとします。

木材の事もさることながら、木造の家作りをお考えの方なら
聞いた事のある「折り置組」「通し貫」工法等も
判りやすく説明していただきました。
着いてタイミングよく出迎えてくれた木力館の方。
突如現れたどこぞの家族かもしれない私たちに、
とても親切に対応してくださいました。
ありがとう御座います。

主人も、ここに来て以来少し家作りに関しての
考え方が変わったように思います。
少し、2人の意見が揃ってきました。嬉しいです。

10・・・住宅展示場めぐり

2006.07.01(07:02)
家を建てよう!マイホームを!と考える方々は
まず最初、ほとんどの方が住宅展示場なる所へ
足を運ぶのでは?と思います。

杢の会さんの先日のセミナー内での言葉
「色々と自分達の目で見たり聞いたり、確かめる事が大事です」
とのお話の流れで、我が家も住宅展示場に行ってきました。
色々な本でハウスメーカーさんにお願いするような家作りは
したくなかったのですが、やはり自分達の目で確かめたい!と
思い立ったのです。

家から程近い所にある大きめの住宅展示場。
どうしても外観で、気に入ったところから入りたくなるのは
甘い罠ですかね。
ヨーロッパの古い質感のレンガとか、煙突(蒔ストーブね)のある
住宅に惹かれます。
来てもらえて気に入ってもらえれば、契約できる見込みがあるというところで
ああいう所に出しているメーカーさんは、展示場のハウスに
・それなりの凄い豪華な作りをしているという事。
・建坪も、驚くほど大きいという事。
・その上、お話上手なセールスマンさんが居るという事を忘れてはいけないと思います。

何件も廻るつもりでしたが、ひとつひとつの展示場で
お客を逃さないトークをされ、結局3箇所廻ってきました。
最近騒がれている24時間換気システムをどこも大々的に
宣伝しているように感じました。
シックハウス対策をしていると「健康住宅」を謳うメーカーさんも
ありました。

スリッパを脱ぎ、裸足で廻られる事をオススメします。
床が冷たく感じられるはずです。
私は冷え性なので、足元の冷えには敏感です。
エアコンで上半身は快適でも、足元が冷えてしまうので
こんな家には住みたくないな、と思いました。
(見た目こそ素敵で、気持ちは揺れましたが)

高気密高断熱の結果、建材や塗料諸々から出るホルムアルデヒドの
量、それをうやむやにするように24時間換気システムを
導入した。。。かどうかは定かではありませんが
その図は臭い物には蓋をしろじゃ無いけど、証拠隠滅する様な気がして
好きではありません。
人が呼吸するように、木も呼吸しているのに
なんだか「木」そのものを物質のような捉え方をして
本当の健康住宅と言えるのでしょうか。

この展示場めぐり、子ども達は楽しそうでした^^
風船はいたるところにあるし、おもちゃセットのような物や
行く先行く先で出てくるジュースに大満足だった御様子。
| ホームへ |
カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

三毛猫みやび


ご縁あってやってきた猫の[みやび] センター出身、大事な我が家の3女~♪

↓     ↓    ↓
未来のパパママを待つ子たち いつでも里親募集中
いつでも里親募集中です

検索フォーム

カテゴリ
全ての記事を表示する
画像倉庫

rakuten

アンティーク家具
ガーデン資材ネットショップ
お役立ち
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。